子犬の遊び方

子犬は人間の赤ちゃんと一緒で、動きがあどけなくて本当にかわいいですよね!

子犬のしつけ教室「犬のようちえん駒沢公園教室」子犬の遊び方1

子犬はみんな遊ぶことが大好き!でも・・・

犬同士のコミュニケーションの取り方も多くはこの子犬の時期に学びます。遊び方にも色々あり、追いかけっこをしたり口を使って首元を甘噛みしながら遊んだりつんつんし合って遊んだり、とさまざま。

遊びの中で相手にとって嫌なことをすると遊んでもらえなくなるため、「こういう遊び方をすると遊べなくなるんだ」と犬自身が学んでいくのです。(噛む力のコントロールも遊びの中で学ぶことが出来ます!)

子犬のしつけ教室「犬のようちえん駒沢公園教室」子犬の遊び方2

遊びの中で嫌な思いをすると他のわんちゃんが苦手になることも!

しかし、そんな相手の気持ちを汲み取れないわんちゃんの場合には、良くないことをした時に叱ってくれるお姉さん・お兄さん役もとっても大切。

犬の家族の中では相手を抱え込むようにして上に乗ろうとしたり、相手がお腹を見せて降参しているのに執拗に追いつめたりする行為をとると、母親がそんな行為をした子供の首を咥えて押さえつけて叱ることもあります。

お家でお友達のわんちゃんが遊びに来た時にこのような行為が見られた時には、人の手で引き離し、遊びを中断させることで「こういうことをすると遊びが終わる」と犬に考えさせる必要があります。

子犬のしつけ教室「犬のようちえん駒沢公園教室」子犬の遊び方3

相性のよいわんちゃんから徐々に遊ばせてあげることが大切!

良くない行為を繰り返すとお友達から嫌われてしまうので、上手な遊びに方を学んで誰からも好かれる子になってほしいですよね!

犬のようちえんでは犬同士の相性を見ながらプレイをさせています。怖がりの子には優しいお友達、他の子の気持ちを汲み取れない子には教育係のお兄さんやお姉さん・・・というようにコントロールすることで、どんな子にも「他のわんちゃんと遊ぶことは楽しい!」ということを学んでゆくのです♪

子犬のしつけ教室「犬のようちえん駒沢公園教室」子犬の遊び方4

元気に動き回る子、ゆっくり静かに遊ぶ子、、その子の性格を見極めましょう!

みなさんもご自分のわんちゃんとの相性を考えて、少しずつ遊びの楽しさを学ばせてあげてくださいね!

広告
カテゴリー: ようちえん生紹介, トレーニング パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中