フィラリアのお薬・・・投薬はいつまで?

10月も後半に差しかかり、秋らしい気候が続いておりますね。

お散歩にもよい季節となり、お家のわんちゃんも元気いっぱいなのではないでしょうか。

子犬のしつけ教室「犬のようちえん駒沢公園教室」フィラリア投薬時期

お散歩も気持ちいーね♪

ずいぶん涼しくなってきたし、最近 蚊も見かけないから、そろそろフィラリアの薬もいらないかな?と考えられる飼い主さまもいらっしゃるかもしれませんが・・・

ちょっと待ってください!そもそも「フィラリアの薬」として動物病院でもらうものは、どんな薬かご存知ですか?

子犬のしつけ教室「犬のようちえん駒沢公園教室」フィラリア投薬時期

うーん・・・ボクわかんなーい。

そもそも「犬フィラリア症」とは、フィラリアという蚊が媒介する寄生虫が犬の体内に入り感染することを指します。

フィラリアは子虫の状態で犬の体内に入ってきますが、犬の体内で成虫となるまでにはやや時間がかかります。(2~3ヶ月と言われています)

順調に成虫まで成長したフィラリアは、犬の体内に寄生し卵を産みます。

この感染の流れの中での、フィラリアの子虫から成虫、そしてその成長した成虫が産む卵までを駆逐する薬が「フィラリアの薬」なのです。

つまり、フィラリアの薬は正式には予防薬ではなく、駆逐剤ということになりますね。

しかし先ほどご説明しましたように、子虫から成虫にまで成長するには時間がかかりますので、月に1回投薬するタイプのものであれば、1ヶ月前までに感染したフィラリアは駆逐することが出来ます。

駆逐剤を正しく投薬しておけば成虫に寄生されることは「予防」することが出来るということですね。

子犬のしつけ教室「犬のようちえん駒沢公園教室」フィラリア投薬時期

ぼくたちを守ってね!

ですので、フィラリアの投薬終了時期は新しい子虫が犬の体内に入ってくる可能性のない、蚊を見かけなくなってから1ヵ月後までということになります。

毎年、蚊のいなくなる時期は異なりますので、「去年は○月までしか投薬しなかったから。。。」などと安直に判断せず、上記の内容を踏まえた上で動物病院の先生とも相談し、投薬の終了時期を判断していきましょう!

また、月に一度投薬する方法もあれば、効果が6ヶ月~1年と持続する注射で寄生を予防する方法などもあります。ご自分のライフスタイルやわんちゃんの体力・月齢などに合わせて選んでくださいね。

★子犬のしつけのことならどんなことでも★
犬のようちえん®駒沢公園教室_お問い合わせ

広告
カテゴリー: 季節のお話 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中