犬の風邪予防 くしゃみ・鼻水の症状が出たら・・・

11月に入り、朝や夜の気温はもう冬のようですね・・・

この季節は犬にとっても体調を崩しやすい季節となります。十分に注意していきましょう!

今、犬をお飼いの方 くしゃみや鼻水を出していませんか?そのうち治るかなと思っていると大変なことになるかもしれません!今回は犬の「くしゃみ・鼻水」をピックアップしていきたいと思います。

子犬のしつけ教室「犬のようちえん駒沢公園教室」犬の風邪!? くしゃみ・鼻水の症状が出たら・・・

鼻水出てないかなぁ??

 

犬のくしゃみや鼻水が出てきて一番に疑わしい病気は「ケンネルコフ」という病気です。別名:犬伝染性気管支炎という病気で症状は微熱や咳・鼻水など人の風邪と同じような症状をひきおこします。ただ、人とは違い、ウィルス性の感染病で感染した犬たちの唾液や鼻水などから感染する伝染性の病気です。ほとんどの場合は数日で治りますが、悪化してしまうと肺炎などの病気になる可能性もあるので、注意しましょう。

なのでくしゃみ・鼻水が出てきたら、様子を見て他の犬との交流は控えましょう!!お家の中で様子を見て、数日くしゃみや鼻水が続くようであれば、かかりつけの動物病院で見てもらうことをオススメします。

しかし、症状が出てからでは遅いので、「予防する」ことが一番です。これはしつけと一緒ですね♪これらの病気は人同様、免疫力が下がるとかかりやすくなってしまいます。

まず、注意して欲しいのは「寒暖の変化」です。暖房が効いている部屋から急に寒い外へ出ることは免疫力を低下させるので、その場合は洋服を着せて対処するといいと思います。朝晩の冷え込みにも注意しましょう!

子犬のしつけ教室「犬のようちえん駒沢公園教室」犬の風邪!? くしゃみ・鼻水の症状が出たら・・・

寒いときにはお洋服着せてね♪

 

あとは、空気の入れ替えや湿度、温度管理など「生活環境を見直す」ということです。締め切った空間はウィルスを蔓延させますし、乾燥も病気の大敵です。日頃から人も風邪を引かないようにしていけば、防ぐことが出来るのです。

子犬のしつけ教室「犬のようちえん駒沢公園教室」犬の風邪!? くしゃみ・鼻水の症状が出たら・・・

寒いのは嫌いよ~

健康あってこそのしつけです。皆さんも十分に注意しましょうね!

しつけ以外にもわからないことがあれば何でもご相談くださいね♪

広告
カテゴリー: 季節のお話 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中