社会化の重要性

子犬のしつけ教室「犬のようちえん駒沢公園教室」社会化

ちわわーずでーす

犬を飼う人が増えてきて「社会化」という言葉もよく耳にするようになりましたが、社会化をするべき時期というのをみなさんご存知でしょうか?

社会化期と呼ばれるその時期は生後50~90日と言われています。

この時期はまだ犬は恐怖心よりも好奇心が勝っている時期。「怖い」という意識はまだ育っていません。

その時期のうちに、今後出会うであろう人や動物や物や環境に慣れさせ、将来「慣れていないから怖い」ということがないように予防していくことを社会化といいます。

例えば、上の写真。何てことのないスナップ写真ですが、小さい頃の社会化が不足している子では、他の犬とこんなに近くでリラックスをしていることも出来ないのです。

体の大きさが違っても仲良しだよ♪

体の大きさが違っても仲良しだよ♪

社会化が不足したまま社会化期を過ぎると、生後4~7ヶ月頃から警戒心育ち始めるため、恐怖心からの吠えや噛み、破壊行動、ストレスによる体調不良が出てくるようになってしまいます。

生後90日はあっとゆう間に過ぎてしまいますので、完全な社会化というのはなかなか難しいものです。

お友達とも仲良く遊べるよ!

お友達とも仲良く遊べるよ!

過ぎてしまった時期は取り戻せませんが、遅れてしまった社会化は取り戻すくらいにやってあげないと、ますます苦手なものや怖いものが増え、色々なことを受け入れられない子に育ってしまいます。

そうするとかわいそうなのは、受け入れられないためにストレスを感じる犬本人です。

ストレスを出来る限り少なく一生を過ごしてもらうためにも、社会化はとても大切。どんなに大人になってもやらないよりはやってあげた方がその子のためになります。

かわいい愛犬を苦手なことのない子にしてあげましょうね!

★社会化の仕方がわからない、お家の子に合う社会化の方法がわからないという方はお気軽にご相談ください!

komazawaphone

広告
カテゴリー: インフォ, トレーニング パーマリンク

社会化の重要性 への3件のフィードバック

  1. ピンバック: イベントレポート★パピーパーティー(1/19(土)開催) | 犬のようちえん® 駒沢公園教室

  2. ピンバック: 犬のようちえんイベント★パピーパーティー開催!(5/18土10:30~) | 犬のようちえん® 駒沢公園教室

  3. ピンバック: イベントレポート★パピーパーティー(7/20開催) | 犬のようちえん® 駒沢公園教室

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中