ノミ・ダニのお話

最近、ジメジメしていたり、暑かったりと犬には大変な季節となりました。

その様な季節には、犬を飼ったら「ノミ・ダニを予防しましょう!」と言われます。今回はそのノミ・ダニについてピックアップしようと思います!

のみ・だにってなぁに??

のみ・だにってなぁに??

ノミ・ダニって何が怖いの?

ノミ、ダニ共に動物に付き、吸血して生きています。犬に吸血した場合、犬は体を痒がるようになり、それが原因で細菌感染を起こし、皮膚炎の元にもなります。ひどい場合には死にいたるケースもあります。

また、ノミ・ダニは「中間宿主」となるため、犬に寄生すると様々な病気を引き起こします。中には人間にも感染するので、飼い主自身も注意が必要なのです!

ノミの引き起こす主な病気

  • 犬条虫症(人にも感染可能性有)
  • ノミアレルギー性皮膚炎(人にも感染可能性有)
  • アトピー性皮膚炎など

マダニの引き起こす主な病気

  • アレルギー性皮膚炎
  • バベシア症(重度の場合、死にいたることも)など
怖い~・・ パパママ守ってね

怖い~・・ パパママ守ってね

ノミ・ダニ予防ってどうするの?

駆除薬

現在最も一般的に用いられているものがノミダニの駆除薬です。スポットタイプ(滴下式)とスプレータイプがあります。ノミやマダニを駆除する効果のある液体を毛をかき分けた肩甲骨の間辺りに垂らします。

ノミ・ダニ取り首輪

天然成分を利用しノミ・ダニを近づけないという物もあリます。首輪をつけることによって首の周辺がただれてしまったという子や常に首に薬剤がついている、においが強いなどで犬に負担がかかる場合があります。動物病院で正しく処方してもらい、使用しましょう!

ノミ・ダニ駆除シャンプー

シャンプーにも駆除が出来るものもあります。強い薬は入っていないので、シャンプー後ノミ取りブラシで細かく取り除くと効果的です。他にも、低刺激性の薬用シャンプーがあり、駆除しつつも皮膚の治療にも使われる場合があります。

一般的には滴下タイプが主流ですが、アレルギーが出てしまう子もいます。その子に合った方法を選択してあげましょう!

こんなことした後は要注意!!(笑)

こんなことした後は要注意!!(笑)

飼い主さんが注意できることは↓

 ・室内をこまめに掃除する。

 ・犬用のクッションはこまめに洗濯する    

・散歩などで極力草むらに入れない。    

・外から帰ったら、ブラッシングでノミダニを落とす・草むらなどに入ったら特に丹念にブラッシング!                           

・定期的にシャンプーする!

上記のことを注意して家族である愛犬を守ってあげてくださいね(^^)

犬のことなら何でもご相談下さい!

komazawaphone

 

広告
カテゴリー: 季節のお話 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中